東京秋葉原のポートレートモデル個人撮影会「ガールズフォトファクトリー」

GPFジャーナル

ガールズフォトファクトリーの記事コンテンツ。GPFをご利用の上でのお役立ち情報など。

撮影おたすけアプリ


第9回:撮影おたすけアプリ
酷暑酷暑と言われ続けてきましたが、ようやく過ごしやすい気温になってまいりました。
GPF広報部です。

今回は、ほとんどの方がお持ちであろう、スマートフォンのアプリから、撮影に役立つものをご紹介したいと思います。
お持ちでない方は、申し訳ございません!!

今回、ご紹介するものは、、
なんと、すべて無料でございます!!

スマートフォンをお持ちでない方も、これを機に検討してみては?
※携帯会社の回し者というわけではありません。
※携帯会社や機種、バージョンによっては扱えない可能性もございます。


①Pocket Light Meter

>Androidの方はこちら
>iPhoneの方はこちら
まず1つ目は、、、、、

露出計アプリ
その名も『Pocket Light Meter』

普通の露出計を買おうとすると、だいたい2万円以上してしまうもの。
対して、こちらはなんと無料!!
まだまだ露出計には手が出せない、なんて方はぜひ利用してみては?

ご利用方法は簡単です。
下図の通り、スマートフォンのカメラからのぞいて、ISO感度やf値をぐるぐる回すだけです。
それでけで、他の項目が適正な値に変動してくれます。

もちろん、数値に絶対はないので参考程度にするといいかと思います。




②X-MP雨情報

>iPhoneの方はこちら
続いて、天候予測アプリ!

現在地を基準に、まさにこれから降るであろう雨雲を予測することができます。
国土交通省が提供しているXバンドMPレーダ雨量情報(XRAIN)を表示するアプリです


使い方は、画像右下の再生ボタンを押して、過去1時間の雲の流れを見るだけという非常に簡単なアプリです。
今現在の雨雲しか予測できないのが、惜しいアプリです。





③Go雨!探知機(ごううたんちき)

>Androidの方はこちら
>iPhoneの方はこちら
スマホを空にかざすだけで、周囲の雨量情報を表示する、お天気アプリです。

下にカラーメータを参考に、周囲の雨量を確認できます。
通常の位置ですと、左図のように半径5kmまでの雨量が。
空にかかげると、右図のように表示されます。

急なにわか雨や激しい雷雨など、必須のアプリです。




④日の出・日の入時刻

>iPhoneの方はこちら
最後は、日の落ちる時刻を参考にできるアプリです。

こちらも単純な設定で、日付と場所を選択するだけです。
1か月先もチェックできるので、屋外撮影を予定される方で、日の落ちるタイミングを知りたい時にはぜひ活用してみては?



今回は、無料のアプリのみを選別しましたが、有料だと高性能なものもございます。
気になった方は、ぜひ検索してみてください。

特に今回は、屋外撮影に役立つものばかりですので、暇なとき、撮影の合間など
遊び感覚でダウンロードしてみてください。

<< 記事一覧へ